- Blog記事一覧 - 2017 8月の記事一覧

2017 8月の記事一覧

2ヶ月続いためまい・吐き気・頭痛が楽になり、外出もできる様になりました。

2017.08.22 | Category: 患者様の声

● 2ヶ月続いためまい・吐き気・頭痛が楽になり、外出もできる様になりました。

こんにちは^^

めまいには原因がります。

めまい・吐き気・頭痛がひどく、肩や背中も痛くて、良くなってきたと思うとぶり返すという女性に、1週間で4回のDRT整体をさせていただきました。

女性からこんなごメッセージを頂きました・・・

池口先生、こんにちは。DRT整体ありがとうございました。

おかげさまで、かなり楽になり外出もできるようになりました。

1月からほとんど外出できない状態で、少し良くなったと思って外出すると、ぶり返す感じで、ずっと短時間の外出しかできなくて、予定もほとんどキャンセルで悲しい思いもしました。

家でじっとしているとよけいにウツウツしてくるし…

本当に健康が一番だし、体調がいいのはありがたいことですね。

今年は旅行いっぱいしたいと思っていたので、回復してよかったです♪

元気なうちにやりたいことやらないと。健康じゃないとやりたいことできないですから。

動けるようになって嬉しいです(^^)

ありがとうございました!!

~院長より~

めまいの急所がある肩甲骨の間が硬直してくると、頚椎(首の骨)や後頭骨をも硬直させ、様々な症状を引き起こしますね。。

要は、DRTでその硬直を緩めてあげればいいわけです。

DRTは、ポイントさへおさえれば、物凄くカンタンです。

めまいでお悩みの方はぜひ、桐生 アーサー整体にご相談くださいね^^

肩こりを揉むことの危険性

2017.08.19 | Category: DRT整体の効果

● 肩こりを揉むことの危険性

こんにちは^^

肩がパンパンに張っている人、肩がカチカチに凝っている人って世の中にたくさんいらっしゃいます。。

そして、この肩こりというたった一つの症状に対し、実に多くの施術法が世の中には存在しています。

その一つが、肩を揉む・ほぐす・押すといったマッサージです。

ぼくも手技療法の世界に長く関わっていますが、マッサージで肩こりが根本改善しましたという人に、まだ一度も出会ったことがありません。

というか、肩こりで通い続けているという人とはよく出会いますが(笑)

ではなぜ、肩こりは揉んだり・ほぐしたり・押したりしても治らないんでしょうか??

その答えはカンタンです・・・

肩こりを起こしている原因が、肩には無いからです。

はい、真の原因は、首の骨、背骨、骨盤のどこかが歪んでしまっているからなんです。

その歪みを肩で負担しているがために、肩が凝っているのです。

本来、人間の体には防御反応が備わっています。

だから、外からの強い刺激に対して守ろう、守ろうと刺激を受けた箇所はどんどん硬くなってしまいます。

我々の体は繊細に出来ており、強い刺激によって筋繊維が傷つき、傷つけられた筋肉は修復時に前よりも守りを固くする=すなわち筋肉が硬くなるんですね。

これを毎回つづけているのですから、肩こりがどんどん悪化することはあっても、良くなる筈がありません。。

行くたびに硬くなるから、前よりも強い刺激を求める・・・まさにこれ、悪循環ですよね。

そればかりではなく、肩揉みには思わぬ弊害があるのです!

例えば、高血圧。

肩周りの筋肉が硬くなると当然、首の筋肉も硬くなり、血管も硬くなります・・・いわゆる動脈硬化ですね。

硬くなった血管では血液が流れにくく、脳に充分な酸素を運ぶためには、心臓のポンプ圧を上げる必要があります。

こうして高血圧になっていきます。

それで今度は降圧剤を服用すると、脳への血流が悪くなり、脳梗塞や認知症を引き起こしやすくなります。

怖いですね。。

そこでDRTでは、骨格の歪みという肩こりの根本原因に対して施術をします。

肩こりを起こしている原因があるからこそ、肩こりという結果が生まれています。

原因に対して施術をするからこそ、肩こり症状が消えてゆくという結果が生まれます。

ひどい肩こりでお悩みの方は、早く悪循環から抜け出すためにも、桐生 アーサー整体にご相談くださいね^^

疲れ目の原因と対策法

2017.08.16 | Category: 簡単セルフケア法

● 疲れ目の原因と対策法

こんにちは^^

疲れ目の原因は、いろいろあります。

近頃多いのは、長時間のパソコンワークなどによる目そのものの疲れです。

光の集約であるパソコン画面を見つめることは、目にとって大きな負担になります。

整体では、目は脳の一部と考えています。

脳が疲れると目も疲れます・・・逆にいえば、目が疲れて充血しているような時には、脳も疲れて充血しているのです。

腕や足の疲れから目が疲れることもあります。

なお、足の親指は目(脳)と関連しているので、ここを揉みほぐすと目の疲れが解消することもあります。

それから、足の趾骨間(足の甲の骨のすき間)の溝掃除をして、腎臓の機能を高めることも疲れ目の解消に効果的です。

溝をなぞりながら痛い処を見つけて丹念にほぐしていきます。

そうです、目は腎臓とも関連しているのです。

腎臓は体温調節にかかわる背中の急所とも関連していますから、目が疲れやすい人には汗をかかない、体温が低いという傾向が見られます。

以前に、冷えで随分と困っている女性がいたので、腎臓を刺激する体操を指導してみました。

しばらくして、嘘のように冷えが改善したと喜ばれました。

その方はたいへん真面目な人で、毎日欠かさず実行したそうです。

やはり何事も継続ですね^^

これは、体操で腎臓を刺激することによって、胸椎5番(肩甲骨の真ん中辺り)の可動が良くなり体温が上がったためです。

普段から腎機能を高めて疲れ目になりにくい様にしましょうね^^

四十肩は何が原因で起きるのか?

2017.08.16 | Category: 整体の話

● 四十肩は何が原因で起きるのか?

こんにちは^^

四十肩や五十肩は、その名の通り、40代〜50代に多く起こる症状で、一般的な肩こりとはまったく違うものです。

肩が自由に回せなくなったり、肩を動かすと痛んだりします。

これは、何かのキッカケによって起こるのではなく、老化現象のひとつなのです。

症状の特徴は・・・

・腕が上がらない
・腕が後ろに回らない
・反対側の肩をつかめない
・痛みの症状が進行しない

整体では、四十肩・五十肩は長年の筋肉疲労によって起こったもので、「体に応じた無理のない動きをしなさい」というシグナルを肩が出していると考えています。

そうです!一般的な肩こりとはまったく違うものなんですね。

上記のケースなら、基本的には放っておいても良くなるものが多いんですが、最近増えているのが、石灰性の関節炎です。

これは、石灰性の物質が肩関節の周囲に溜まって肩の動きが悪くなっていく進行性のものです。

痛いので肩を動かさないと、その物質はさらに溜まり、やがて寝ていても肩が痛む様になります。

余分な物質が溜まるのは、血液の循環が悪くなったためです。

心臓の働きが活発で血液循環が良ければ、余分なものは溜まりません。

整体では、肩の痛みがあるときは、心臓と関連している胸椎4番(ちょうど肩甲骨の真ん中あたりの背骨)に注目します。

肩から首にかけての筋肉が硬直すると、肩甲骨や鎖骨や上腕骨などの骨の位置がズレて、胸郭を狭くし、心肺機能を低下させてしまいます。

それが、心臓と関連した胸椎4番に現れてくるんですね。。

石灰性の肩痛が起こるプロセスはこうです・・・

1.肩が前に出つつ下がり、肋骨も下がる

2.肩と肋骨の硬直で、鎖骨が動きにくくなる

3.血液やリンパ液が停滞し、肩に老廃物が溜まる

4.老廃物が骨に溜まり、やがて痛み出す

心臓の急所は背骨の左側にありますが、女性は左肩が上がらないという人が多いですね。

DRTでは、骨盤や背骨の歪みを優しく矯正しますので、骨の位置のズレが修正され、心臓の急所である胸椎4番も動きが良くなってきます。

多くの四十肩をDRTで解消してきた、桐生 アーサー整体にお任せくださいね^^

あなどるなかれ、左足首の捻挫・・・正しく処置すれば婦人科系の不調を避けられる!

2017.08.15 | Category: 整体の話

● あなどるなかれ、左足首の捻挫・・・正しく処置すれば婦人科系の不調を避けられる!

こんにちは^^

捻挫というものはバカにできません。。

治らないまま放っておくと様々な不調につながるからです。

しかし、適正な処置をせずに放置してしまっているケースがほとんどですね。

とりわけ女性にとっては、左足首は婦人科系の急処であり、あなどれない場所なのです。

捻挫による左足首の不具合は、生理痛や生理不順など婦人科系の不調につながりやすく、全身の不調を起こしたりもします。

   

左足首は括約筋(かつやくきん)と関連が深く、足首の衝撃で妊婦さんの子宮口(括約筋で閉じられている)が開いて流産することもあります。

よく転んで流産するのは、お腹をうったからではなく足首への衝撃が原因です。

お腹は案外丈夫に出来ているんですね。

足首が受けたダメージが連動する子宮口に伝わり、閉まっている筈の括約筋が緩んで子宮口が開いてしまうんですね。。

括約筋といえば、心臓も括約筋でできているので、左足首の不具合は心臓の不調につながることもあります。

ですから、早期に捻挫を処置していれば、婦人科系の不調に繋がらないで済みます。

捻挫によってズレた足首関節の微調整とDRTは、非常に有効だと思います^^

多くの捻挫による不具合を解消してきた、桐生 アーサー整体にお任せくださいね。

アクセス情報

所在地

〒376-0042
桐生市堤町3-4-9 モナベイルE号室
【お車でお越しの方】
JR桐生駅方面から国道3号線を直進、堤町3丁目の交差点を過ぎてすぐ、
『保険の窓口』の赤い看板を左折すると当院です

駐車場

2台あり
10番と11番をご利用ください

休診日

不定休

予約について

当院は完全予約制です。ご予約はお電話でお願い致します。