- Blog記事一覧 -夜中に足がつる本当の原因と予防法

夜中に足がつる本当の原因と予防法

2017.06.23 | Category: 簡単セルフケア法

● 夜中に足がつる原因と予防法

こんにちは^^ 

夜中に足がつって目が覚める。。 辛いですね。

足がつる原因は、腰のこわ張りです。

人間の体は眠っている時は全身が緩むのが普通ですが、何らかの理由で腰がこわ張ったまま眠ると、硬い箇所と緩んでいる箇所の落差が大きくなり過ぎ、腰と繋がった足がつりやすいんです。

足がつる時間帯が明け方に多いのには理由があります。

それは、自律神経が切り替わる時間帯だからです。

眠っている時は副交感神経が優位になっていますが、明け方近くになると交感神経優位へと切り替わってくるのです。

ちょうどその切り替わりどきに異変が起きやすいんですね。

それで、とてもカンタンな予防法があります・・・

床に座ってヒザを両手で抱えたまま(体育座りに近い感じです)前後にユラユラするだけです。

テレビを見ながらでも出来ますね^^

これを続けることで徐々に腰が緩み、睡眠時の体の硬直・弛緩の落差が小さくなるので、足がつらなくなってきます。

DRTでもかなり腰が緩みますので、足がつる人は一度ご相談くださいね^^


アクセス情報

所在地

〒376-0042
群馬県桐生市堤町3丁目4-9 モナベイルE号室
【お車でお越しの方】
JR桐生駅方面から国道3号線を直進、堤町3丁目の交差点を過ぎてすぐ、
『アンカー』の赤い看板を左折すると当院です

駐車場

2台あり
10番と11番をご利用ください

休診日

不定休

予約について

当院は完全予約制です。ご予約はお電話でお願い致します。