- Blog記事一覧 -眠りの深さと自然治癒力の関係

眠りの深さと自然治癒力の関係

2017.06.16 | Category: 整体の話

● 眠りの深さと自然治癒力の関係

こんにちは^^ 

我々の体は、眠りによって疲れが解消され元気になる様に出来ています。

また、負荷がかかっている部分が修復されるのも、眠っている時です。

当然、眠りの質が深い方が、これらの働きが盛んな訳ですが、その時に活躍するのが、我々に備わっている自然治癒力です。

眠りが深い方が、自然治癒力もよく働くということになります。

自然治癒力とは、自分で自分の体を治す力をいいます。

患者さんで、ずっと眠りが浅く明け方には必ず目が覚めていたという人がおられました。

しかし、最近は目が覚めない日もちらほら出てきたそうです^^ 

道理で、DRTでみる指標も安定している訳なんですね。

眠りが浅かった時は、自然治癒力がうまく働かず、症状もなかなか消えないものです。

逆に眠りが深くなると自然治癒力がよく働き、症状も緩和または改善されてくるのです。

施術を受けている患者さんがよく眠れる様になってきたら、つまりそれは、自分で自分の体を治す力が増大してきたということなんですね^^

ですから、桐生 アーサー整体のDRTでは、まず深い眠りが得られる様に自律神経を整えていきます。


アクセス情報

所在地

〒376-0042
群馬県桐生市堤町3丁目4-9 モナベイルE号室
【お車でお越しの方】
JR桐生駅方面から国道3号線を直進、堤町3丁目の交差点を過ぎてすぐ、
『アンカー』の赤い看板を左折すると当院です

駐車場

2台あり
10番と11番をご利用ください

休診日

不定休

予約について

当院は完全予約制です。ご予約はお電話でお願い致します。