- Blog記事一覧 -反り腰と腰痛、すべり症の関係

反り腰と腰痛、すべり症の関係

2017.06.14 | Category: DRT整体の効果

こんにちは^^ 

まず、反り腰とは、読んで字のごとく腰が反り過ぎている状態を言います。

どちらかというと女性に多いですね。

反り腰の状態が長く続くと、腰椎に負担がかかりますので、単純に反り腰で腰痛という人は多いです。

厄介なのは、何かの拍子ですべり症を起こすことです。

すべり症とは、腰椎が体の前方向にすべっている状態で、きつい腰痛となります。

さらに厄介なのは、病院での通常の検査では確認できないレベルの【隠れすべり症】なんですね。

病院で検査しても異常無しと言われるけど、本人はものすごく腰が痛いというケースです。。

しかしDRT独自の指標検査で、この【隠れすべり症】を検知することができます。

DRTは、「隠れすべり症」を改善へと導ける有効な方法なんです。

そして、隠れすべり症を予防または改善できる独自の体操もあります。

やはり反り腰の人の方が、すべり症に発展しやすいと言えると思いますね。

DRTの基本は背骨を揺らすことですが、反り腰の人はうつ伏せ状態では、腰の下の方は手で触れにくいものです。。

ところがDRT整体を行いますと、触れやすくなってきます・・・つまり腰椎が浮いて来るんですね。

また、隠れすべり症の場合は、DRT独自の方法で、前にすべっている腰椎を元の位置に近づけることが出来るのです。

根深い腰痛でお困りの方はぜひ、桐生 アーサー整体にご相談くださいね^^


アクセス情報

所在地

〒376-0042
群馬県桐生市堤町3丁目4-9 モナベイルE号室
【お車でお越しの方】
JR桐生駅方面から国道3号線を直進、堤町3丁目の交差点を過ぎてすぐ、
『アンカー』の赤い看板を左折すると当院です

駐車場

2台あり
10番と11番をご利用ください

休診日

不定休

予約について

当院は完全予約制です。ご予約はお電話でお願い致します。