- Blog記事一覧 -いつ頃から春の体に移行し始めるのですか?

いつ頃から春の体に移行し始めるのですか?

2018.01.13 | Category: 整体の話

こんにちは^^

毎日寒いですね。。

体感的には真冬です。

しかしタイトルの答えは、まさに今頃からなんですね。

どういう事かとお話しますと、もう1月半ば辺りから、我々の体は春の準備に入ります。

春は汗腺を開き、皮膚呼吸が盛んになる季節です。

その準備段階として、我々の体は、冬の間に固く締まっていた骨盤を徐々に開いていく必要があるのです。

そのスタート地点が今頃(1月半ば)であるとお考えください。

例えば骨盤や腰に散々負担をかけていた人は、この骨盤が開き始める時期に、急に腰痛になったりギックリ腰を起こしたりします。

それに伴って首や肩が痛くなったり。。 早い人は、もう花粉症状が出たりと。。

ぼくの体には、昨日こんな現象が起きました・・・

昨日の朝目覚めると、右の仙腸関節に重い鈍痛を感じ、右脚が重く、対応する右の肩甲骨も痛い。。

今朝にはもう3分の1位になっています。

何だろう?ってしばらく考えていたら、そうか!春の変化が来たんだとピンと来ました^^

ぼくは中学生の時に、サッカーで右の仙腸関節を傷めたことがあります。

あ、仙腸関節って図の囲いの部分です・・・(ここを軸にして骨盤は開閉します)

その古傷が原因で、この時期に骨盤が開き始めると痛みという形で反応してくるのです。

毎年の様にこの現象が自分の体に起きますので、春に向けて骨盤が変化し始めたことを、正確に感じ取れるのです。

痛いですけど、便利ですね(笑)

この様に、我々の体は非常に精妙な仕組みによって機能するよう作られているのです。

この仕組みを理解するかしないかで、必要な経過による痛みなのか、単なる不調による痛みなのかを判断することも出来るんですね^^


アクセス情報

所在地

〒376-0042
群馬県桐生市堤町3丁目4-9 モナベイルE号室
【お車でお越しの方】
JR桐生駅方面から国道3号線を直進、堤町3丁目の交差点を過ぎてすぐ、
『アンカー』の赤い看板を左折すると当院です

駐車場

2台あり
10番と11番をご利用ください

休診日

不定休

予約について

当院は完全予約制です。ご予約はお電話でお願い致します。