- Blog記事一覧 -なぜ外反母趾になるの?

なぜ外反母趾になるの?

2017.10.14 | Category: 整体の話

こんにちは^^

足の親指が人指し指側に異常に曲がり、親指の根元の骨が外に突き出して痛むのが外反母趾です。

足に合わない靴を履いているとなりやすいといわれていますが、必ずしも靴だけが原因ではありません。

骨盤が下がって親指に余分な力が入ることも、外反母趾の原因です。

人間は足の裏で全体重を支えて立ちます。

そのとき足が正常であれば、体重は親指と小指、かかとの三点にバランスよく分散されています。

しかし、筋力の低下や姿勢の悪さが原因で腰が下がってくると、そのバランスが狂ってしまうのです。

外反母趾になるまでには、いくつかのステップがあります・・・

腰が下がって重心が後ろの方に傾くと、それを前に戻そうとする力が働いてヒザに力が入ります。

            ⇩

そのため最初は、ヒザの内側が疲れたり痛くなったりします。

            ⇩

次に、外くるぶし(外果)が下がってきます。

            ⇩

その後、足の裏の体重配分が狂い始めるのです。

このとき足首の力が弱いと、小指にも余分な力が入ることになり、小指が薬指の側に曲がる内反小趾が起こってきます。

最近のぼくの観察では、女性の外反母趾ですが、左足だけ外反を起こしている人が多いですね。

これは、左腰が下がっていることが原因です。

左腰が下がることで起こりやすいのが、生理痛です。

ただ、生理痛の場合は、骨盤全体の傾きを修正することで改善が望めます。

近年生理痛を訴える女性が増加していることと、左足の外反母趾の女性が目立つことは、無関係ではないと理解しています。

立った時、足の裏への力の入り方が適正でないと、やがて体の歪みによる体調不良を招くことになるでしょう。。

できれば、外反母趾になる前に体の異変に気づき、早めに体の歪みを正したいところですよね^^

体からの大切なサインに少しでも気づいたら、辛い症状になる前に、桐生 アーサー整体にご相談くださいね^^


アクセス情報

所在地

〒376-0042
群馬県桐生市堤町3丁目4-9 モナベイルE号室
【お車でお越しの方】
JR桐生駅方面から国道3号線を直進、堤町3丁目の交差点を過ぎてすぐ、
『アンカー』の赤い看板を左折すると当院です

駐車場

2台あり
10番と11番をご利用ください

休診日

不定休

予約について

当院は完全予約制です。ご予約はお電話でお願い致します。