- Blog記事一覧 -腹筋運動の落とし穴

腹筋運動の落とし穴

2017.07.29 | Category: 整体の話

● 腹筋運動の落とし穴

こんにちは^^ 

よく一生懸命に腹筋運動に励む人がおりますが、これは危険です。。

なぜなら、腹筋運動をやり過ぎると股関節を痛めてしまうからです。

股関節は非常に重要でありまして、常に骨盤を柔軟に支えている箇所であります。

股関節が不具合を起こすと、当然土台である骨盤に何らかの異常が出てきます。

背中側の背筋とお腹の腹筋は常に絶妙なバランスを保っており、お腹の緊張が緩むと背筋の凝りも緩むようにできています。

つまり腹筋運動によってお腹が過緊張を起こしますと、背筋の弾力性が失われ腰を壊しやすくなるのはよくあることです。

鍛えたからだの人が案外もろいのは、これが原因です。

腹筋をカチカチに鍛えている人は、後ろに反らすのが苦手ですね・・・腹筋の硬直が後ろに反らすのを阻んでいるのです。

腹筋と背筋をバランスよく鍛えるなら、よほどしっかりしたプロのトレーナーさんの指導が必要かと思います。

ぼくもジムで鍛えた人のからだをみましたが、なるほど筋肉は隆々と付いていますが、肝心のバランスを崩して膝を故障したりしていました。

また、食べ過ぎによってお腹がカチカチになると、硬直が背中に及びよく腰を壊しやすくなります。

からだに歪みが無ければ、人間は無駄な筋肉の使い方はしないので、緩むべき処は緩み締まるべき処は締まります。

つまり必要分だけは腹筋は締まってくれるのです。

日常生活の中で筋肉が鍛えられている状態が理想だと思いますね^^


アクセス情報

所在地

〒376-0042
群馬県桐生市堤町3丁目4-9 モナベイルE号室
【お車でお越しの方】
JR桐生駅方面から国道3号線を直進、堤町3丁目の交差点を過ぎてすぐ、
『アンカー』の赤い看板を左折すると当院です

駐車場

2台あり
10番と11番をご利用ください

休診日

不定休

予約について

当院は完全予約制です。ご予約はお電話でお願い致します。