- Blog記事一覧 -風邪をうまく経過させると、ゆるんだ体(ガンになれない体)を作ることができる

風邪をうまく経過させると、ゆるんだ体(ガンになれない体)を作ることができる

2017.07.28 | Category: 簡単セルフケア法

● 風邪をうまく経過させると、ゆるんだ体(ガンになれない体)を作ることができる

こんにちは^^ 

汗をかけるからだは、ゆるんだからだです。

夏場に充分な汗をかかなかった人…大体秋になって食べ過ぎます。

秋にしっかり食べ過ぎて、からだはさらに硬直しますね。

なので、寝違えやギックリ腰なんかがこの時期多いですね。

それでも、からだは何とかしてゆるもうと一生懸命頑張ってくれています。 たとえば、風邪。

風邪は人間に与えられた素晴らしい浄化機構です。

余分なウイルスは熱で殺され、古い細胞・汚い細胞も一掃してくれます。

このときにガン細胞の予備軍もきれいに破壊されるのです。

こうして風邪は弾力のあるからだへと戻してくれるんですね。

人間はなぜ風邪をひくのか??・・・

からだの弾力を取り戻すためにひくんですね。

硬くなった血管なんかも、風邪で柔らかくなるので動脈硬化を防げるのです。

ゆるんだからだの人というのは、季節の変わり目にサラッと風邪をひくものです。 そしてすぐに経過させることができます。

しかし、硬直がひどい人は大風邪をひくことになりやすいです。

けれども、ここで往々にして余計な風邪薬が活躍することになります。

これでは、せっかくのチャンスが台無しになってしまいます。。。

日本人にガンが増え続けているのは、風邪薬が大きな原因の一つであると言えるほどです。

どう転んでも、人のからだは“ゆらぐ”ように出来ているのです。

それを自然に経過させれば元気なからだになるというのに。。。

そして、やがて冬になり年末年始を迎えることになる。

ここでもまたしっかり食べ過ぎるのですから、からだは悲鳴をあげつづけます(笑)

こうなると真冬に大風邪をひくという可能性大ですね。

ここでまた風邪薬が登場し、再びチャンスを逸してしまう可能性大!!

今度は春先に花粉症なる症状が発生します。

しっかりと硬直したからだは、せめて春だけでもと、ここぞとばかりにくしゃみ・鼻水・涙…と、あの手この手を使ってゆるめにかかるのですが、これさえも病気扱いにされ封じられてしまいます。

あと、読んで字のごとく、花粉のせいにすると自己責任は問われないですからね(笑)

このサイクルが長年つづくと、汗をかきたくてもかけないからだへと変化します。

少し前までは花粉症という症状はほとんどありませんでした。

それが今や花粉症だらけというのは、現代人のからだが硬直している証拠ですね。

併せて“うつ”もありませんでした。 “うつ”の人の脊柱(背骨全体)は硬直しています。

おそらく、江戸時代の人間には、“食欲の秋”という実感は無かったかも知れませんね。

一日三食という習慣はなかったみたいですし。 花粉症もうつも今ほど無かったでしょう。

案外、江戸時代の人間は超幸せに暮らしていたのかも知れませんね^^


アクセス情報

所在地

〒376-0042
群馬県桐生市堤町3丁目4-9 モナベイルE号室
【お車でお越しの方】
JR桐生駅方面から国道3号線を直進、堤町3丁目の交差点を過ぎてすぐ、
『アンカー』の赤い看板を左折すると当院です

駐車場

2台あり
10番と11番をご利用ください

休診日

不定休

予約について

当院は完全予約制です。ご予約はお電話でお願い致します。