- 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

腰には1番から5番までの5つの骨=腰椎(ようつい)があります。
これらの骨同士は当たると痛いので、当たらないようにクッションの役割を果たしているのが椎間板です。

またヘルニアとは、本来あるべき定位置からズレてしまっている状態を言います。首の骨がズレたら、頚椎ヘルニアです。
つまり椎間板ヘルニアとは、椎間板が定位置からズレた状態をいいます。

骨は様々な内臓の機能と神経を通して繋がっています。
西洋医学でも明らかになっていますが、腰椎の4番は生殖器に関する神経と、3・5番は泌尿器系統と繋がりがあります。
生殖器はストレスの影響を受けやすく、泌尿器は疲労が原因で異常を起こします。

つまり、椎間板ヘルニアは腰の異常によるものだけではなく、内臓も大きく関わっていますので、根本解決のためにはDRTで自然治癒力を総合的に高める必要があります。


アクセス情報

所在地

〒376-0042
桐生市堤町3-4-9 モナベイルE号室
【お車でお越しの方】
JR桐生駅方面から国道3号線を直進、堤町3丁目の交差点を過ぎてすぐ、
『アンカー』の赤い看板を左折すると当院です

駐車場

2台あり
10番と11番をご利用ください

休診日

不定休

予約について

当院は完全予約制です。ご予約はお電話でお願い致します。