- Blog記事一覧

Blog記事一覧

自覚症状の無い肩こり

2017.08.06 | Category: 患者様の声

● 自覚症状の無い肩こり

こんにちは^^ 

昨日来院された患者さんは、自覚症状の無い肩こりでした・・・つまり、肩は凝っているけど、肩凝りは感じないという状態。。

しかしそのせいか、時おり頭痛がするといわれます。

当然ですよね。 肩が凝ることで血流が悪くなり脳への酸欠になっているのです。

この不調を感じれないという状態は、あまりいい状態とは言えません。

なぜなら、自分で自分の不調を認知できない状態=それだけ体が鈍くなっている証拠だからです。

この様な状態のとき施術を進めてゆくと、よく初めの段階では痛みを感じる様になります。

まずは痛みを感じれる体になってきたということですね(笑)

それから徐々に痛みが減少し、頭痛もしなくなる・・・この流れが理想なんですね^^

体が悪くなるには、大抵はそれなりの年月を経て現在に至っています。

普通に考えれば、回復するにはそのプロセスを逆行していきますので、ある程度の時間はかかると思います。

本気でご自身の体を元に戻したいとお考えの方は、ぜひ桐生 アーサー整体にご相談くださいね^^

暑すぎても腰痛や肩こりを起こしやすい。。

2017.08.05 | Category: 整体の話

● 暑すぎても腰痛や肩こりを起こしやすい。。

こんにちは^^ 

日本の夏は、昔と比べると本当に異常なほど暑くなりましたね。。汗

体にはやはり限界温度というものがあり、暑さも度を越すと体は暑さに耐えるために緊張するんですね。

その緊張が長くつづくと、例えば腰痛や肩こりが悪化したり、今まで感じていなかった痛みや不調を感じたりします。

  

元々緩んでいる体ならそんなに問題はないのですが、硬直した体にとってはこの暑さは本当に辛いと思います。。

普段から体を緩めておくことがいかに大切かということですね^^

顎関節症ってなぜ起こるの?

2017.08.04 | Category: 整体の話

● 顎関節症ってなぜ起こるの?

こんにちは^^ 

顎関節症も様々な改善法がある様ですが、整体の観点からすると呼吸器系に注目しています。

ストレスから強く食いしばることも考えれますが、その場合少なからず肺は萎縮しているものです。

胸を張って食いしばる人はいないからです。

呼吸器系に負担がかかってくると、顎と首をつないでいる胸鎖乳突筋が硬直したり逆に締まりが悪くなったりします。

それで顎関節のズレを起こし易いんですね。

さらに呼吸器系の負担は、骨盤からきていることもあれば腕の使い過ぎからくることもあります。

胸鎖乳突筋は非常に重要な筋肉で、これが衰えると首凝り・肩こりも起こし易いですね。

多くの場合、首の緊張を伴うので頭痛へと発展しやすいです。

また顎関節のズレは、リンパ液の滞留と関連が深く、顔のむくみや偏頭痛につながることもあります。

顎の駆動が首や顔のリンパ液を流す役目を果たしているからです。

DRT整体では、顎関節の検査を行いますが、たいていが施術後には異常が無くなります。

その一つの理由として、DRTで背骨を揺らすことによって、顎と関連した首の骨を矯正できるからです。

顎関節症でお困りの方は、ぜひ桐生 アーサー整体にご相談くださいね^^

血と骨の話

2017.08.03 | Category: 簡単セルフケア法

● 血と骨の話

こんにちは^^ 

西洋医学では血液は骨髄で作られるとされていますが、血は腸でも作られています。

そして骨は、常に血とやり取りを行いながら、その弾力や密度を保っています。

セルフ整体などで骨粗鬆症が改善に向かうのは、硬直した筋肉が緩んで今までよりも血液がスムースに流れるようになるからです。

血がちゃんと流れると骨も元気になるという訳です。

年齢と共に骨密度が低下しやすいのは、筋肉が硬直してくるためです。

また、長年カルシウム剤を服用した人の骨が骨粗鬆症の方向へと向かうのは、血液中のカルシウム分が増大するからです。

人体とは精妙に出来ていて、例えばカルシウム分が多過ぎると、からだは充分に足りていると判断して骨は必要分を吸収できなくなります。

牛乳も例外ではありません・・・牛乳はコロイド液であり、腸の中に入ると勢いよく吸収され、血液中のカルシウム量は一気に増えます。

何でもそうですが、多ければいいというものではありません。

むしろ足りないぐらいの方が代謝は促進され、からだの中で栄養素は循環するのです。

さすがに近年になって先進国のいくつかで牛乳の弊害が指摘されるようになりました。

血の観点から骨を考えると、内臓が元気ということは大事ですね。

内臓が元気なら、全身の筋肉も緩み、血もよく流れるので、骨も丈夫でしょうね。

余計なカルシウム分は要らないと、ぼくは思っています。

丈夫な骨になるために必要な事は・・・

・内臓が元気であること
・筋肉が緩んでいること

つまり、整体であるということですね^^

DRTで背骨と筋肉を緩め、内臓力も高めましょう!

体を強い刺激でとことんゆるめ切ると、思わぬ落し穴が。。

2017.08.03 | Category: 患者様の声

● 体を強い刺激でとことんゆるめ切ると、思わぬ落し穴が。。

こんにちは^^ 

当然ですが、人のからだは繊細に扱わなくてはなりません。

以前に、こんなケースがありました・・・

何回かぼくの施術を受けられた方なんですが、その方は初め、肋間神経痛がひどい状態でした。

2月の末頃にはずいぶんと良くなり、4月上旬まで調子が良かったといいます。

ところが・・・

調子はいいものの、お知り合いの勧めで、これから年をとって背中が丸くならないようにと、ふと思い立って近所の治療院に行かれたそうです。

結果は翌日から激しい痛みに襲われ、それが1週間以上つづき、再びぼくのところへ来られたのでした。

みると、肋骨と筋肉が極度に硬直し、肋間神経を圧迫していました。

こうなった原因は・・・

「筋肉を強い刺激でゆるめ切る」

これをされたからなんですね。

これ、絶対にやっちゃいけないんです(禁)

なぜなら、からだは反発してくるからです。

からだを充分に理解してないと、こういうことが起こりますね。。

あっ、結果はほぼ痛みはとれました。(力はまったく使っていません)

当院で使っているDRT整体は、優しいソフト刺激で、ただ背骨を気持ちよく揺らすだけですから、安全で安心な施術です^^

しかも外からの刺激で治すのではなく、患者様が本来備え持っている自然治癒力に火をつけ、患者様自らが治していける様に誘導していきます。

アクセス情報

所在地

〒376-0042
桐生市堤町3-4-9 モナベイルE号室
【お車でお越しの方】
JR桐生駅方面から国道3号線を直進、堤町3丁目の交差点を過ぎてすぐ、
『保険の窓口』の赤い看板を左折すると当院です

駐車場

2台あり
10番と11番をご利用ください

休診日

不定休

予約について

当院は完全予約制です。ご予約はお電話でお願い致します。