- Blog記事一覧

Blog記事一覧

めまいの原因は、肩甲骨に関連していることが多い。

2017.07.25 | Category: 整体の話

● めまいの原因は、肩甲骨に関連していることが多い。

こんにちは^^ 

めまいについてお話したいと思います。(※ 脳に問題がある場合と、メニエル病の場合は除きます)

めまいで目が回るという人がいますが、みてみるとたいてい肩甲骨が開いていますね。

肩甲骨の真ん中には、体温調整や平衡感覚(耳)と深く関わっているポイントがあるのです。

そのポイントとなる骨こそが、左右の肩甲骨が開かないように中心に引き寄せています。

呼吸器(肺)の疲れ等でで左右の肩甲骨が開いてくると、肩甲骨の真ん中に力が集まらなくなります。

それで平衡感覚を保てなくなり、めまいをおこします。

朝夕と日中の気温の寒暖差が大きい秋頃などは、特にめまいをおこしやすいですね。

年中めまいを感じている様な人は、だいぶ体が悪いといえます。

体温調整の難しいからだは、同時にめまいをおこしやすい訳です。

また、食べ過ぎによってめまいをおこしている人が多いことも見逃せないですね。

つまり、食べ過ぎないことと肩甲骨を締めることが大切になってきます。

まずはDRTで、背骨と骨盤の歪みを改善する必要がありますね^^

腰痛は温めるのがいいのか?冷やすのがいいのか?

2017.07.25 | Category: 簡単セルフケア法

● 腰痛は温めるのがいいのか?冷やすのがいいのか?

こんにちは^^ 

最先端の研究によると、腰痛に対して「温める」も「冷やす」もどちらも根拠の無いやり方で、実際に効果もないそうです。

市販の温湿布も冷湿布も意味がないということですね。

ぼくも、何年も前からどちらも効果がないと思っていました。。

ただ、最先端の研究も見落としている点が一点あります・・・温度差をからだ(腰部)に刺激として与えることです。

その具体的な方法をこちらに詳しく書きました。^^

赤ちゃんが発熱したとき、あなたならどうしますか?

2017.07.24 | Category: 簡単セルフケア法

● 赤ちゃんが発熱したとき、あなたならどうしますか?

こんにちは^^ 

赤ちゃんが発熱したとき、よくやるのは・・・

・氷で冷やす
・解熱剤で熱を下げる

実はこれほどナンセンスなことはありません。

知恵熱と言って、脳細胞が急速に死と誕生を繰り返しているため、発熱によってそれを促そうとしているのです。

赤ちゃんといえども、やはり発熱は必要で、解熱剤を飲ませたりすると返って体に毒を溜め込むだけです。

そればかりか、新しい脳細胞の誕生を邪魔することになり、健全な脳の発育を妨げてしまいます。

そうやって押さえ込んだ毒は、成長につれて色々な形で出てきます。

よく冷やしますが、それは川の流れに逆らって泳ぐ様なもので、発熱を無視した行為です。

では、どうすれば良いのか?・・・

ぬるめの蒸しタオルを後頭部に置いて寝かしてあげると、発熱を何倍も早く経過させることができます。(これを3~4回繰り返します)

ちなみにウチの赤ちゃんは、7ヶ月目に初めて発熱しましたが、この方法で楽々と経過しました。

これは、延髄にある体温中枢を刺激しているのです。

出すだけ出せば熱は下がりますし、それだけ早く楽になります。

目先の現象にとらわれず、赤ちゃんの未来まで考えて処置してあげないといけませんね。

あくまで経過させることが大切です^^

【眼精疲労】目薬よりも100倍効く方法

2017.07.24 | Category: 簡単セルフケア法

●【眼精疲労】目薬よりも100倍効く方法

こんにちは^^ 

眼精疲労・・・いわゆる疲れ目の人は、目を酷使することが多くなった現代では増えていますね。。

そんな時は、これですっ!!

セミナーに参加されたKさん。

猛暑のせいか、こんな状態になりました・・・

目が花粉症の時と同じで痛痒くて、かくと真っ赤。

でもそれだけでは収まらず朝方には目やにが出て凄いのです・・・。

夏にこんな事初めてなんです。

そこで、目に蒸しタオルを勧めたところ・・・

昨夜も蒸しタオルやりました!!

お陰様で今朝の目やには、10分の1くらいです(笑) ほとんど出ていません!

痒みや充血は今の所ございません(^-^)vやった!!

目医者に行こうと思っていたので、医療費が浮きました(笑)

と言うより何より、眼薬で余計に悪化もせずにここまで回復できた事は何より先生のお陰様ですし、自分を誉めてあげたいと思います。

心より感謝していますm(_ _)m

さらに、別の方は・・・

池口さん。今朝は、下丹田と眼に蒸しタオルを行いました。

いつも充血気味だった白目が、いつもより綺麗になったんです!

ビックリしました~。

いつもステキなこと、分け与えてくださり、本当にありがとうございます。

~院長より~

あまり知られていませんが、目やには、脳の疲れなんですね。。

眼精疲労でお悩みの方はぜひ、蒸しタオルをお試しくださいね^^

猛暑による立ちくらみへの対処法

2017.07.24 | Category: 簡単セルフケア法

● 猛暑による立ちくらみへの対処法

こんにちは^^ 

セミナーに参加されたI.Kさんから、こんな相談を受けました・・・

毎日暑い中、外での仕事もしているお父さんが、立ちくらみのようで、歩いている最中に辛く、かがんでしまうということでした。

そこで、肩甲骨の間と、後頭部と首の後ろへの蒸しタオルをお勧めしました。

それで早速実践されたところ、ご相談された翌日には正常に戻ったそうです。^^

I.Kさんからのメッセージです・・・

昨日は的確なアドバイスありがとうございましたm(_ _)m

今朝父に調子を聞いたら、何ともない。と言ってました。

お陰様で、すぐに後頭部と肩甲骨に蒸しタオルをしたお陰です!!

両親が元気がないと悲しいので良くなって本当に良かったです!!

ありがとうございました。感謝しています( ´∀`)

~院長より~

後頭部への蒸しタオルは、脳内にこもった熱を除去するのに有効です。

そして、立ちくらみやめまいがする場合は、首の真ん中や肩甲骨の間に、めまいの急所があるので、そこを刺激するのが有効です。

なぜ、めまいの急所かというと、その箇所が、三半規管や体温調整と深く関わっているからです。

最近では、猛暑で体が硬直して異常を起こすんですね・・・昔と違って、冷房で体が緩んだりします。

しかし、このことはほとんど世に知られていません。。

さらに、蒸しタオルがなぜそんなに効果的かということも、ほとんど認識されていません。

蒸しタオル法のやり方は、こちらです。

アクセス情報

所在地

〒376-0042
群馬県桐生市堤町3丁目4-9 モナベイルE号室
【お車でお越しの方】
JR桐生駅方面から国道3号線を直進、堤町3丁目の交差点を過ぎてすぐ、
『アンカー』の赤い看板を左折すると当院です

駐車場

2台あり
10番と11番をご利用ください

休診日

不定休

予約について

当院は完全予約制です。ご予約はお電話でお願い致します。