- Blog記事一覧

Blog記事一覧

余剰エネルギー論

2017.07.24 | Category: 整体の話

● 余剰エネルギー論

こんにちは^^ 

古くから、体に滞った余剰エネルギーがガンを引き起こすという考え方があります。

余剰エネルギーは食べ過ぎでも溜まりますし、ストレス過多や風邪を止めたりすることでも溜まります。

この説が正しいと仮定して・・・

食べ過ぎ → ぼくの観察では、10人に9人は食べ過ぎです。

「私は食べ過ぎてない」と言う人が多いですが、意外と必要量は超えていたりします。

常に必要量を超え続けているとしたら、当然、余剰エネルギーは溜まっていくわけです。

いま2人に1人がガンを発症する時代ですから、余剰エネルギー論もまんざらでない気がします。

つまり結論としては、生き物は必要最小限の食べ物の量が効率がいいということになりますね。^^

余談ですが、、、

ぼくは自分の胃の位置を修正してから、もう8年以上も沢山食べられなくなりました。

なぜなら、胃が適正位置に戻ると、胃が収縮するからです。

食べ過ぎを控えたり風邪を自然に経過させる様にしていくと、余剰エネルギーの蓄積を防止できますね。^^

なぜ背骨ゆらゆらだけで、重症患者に沢山の結果が出るのか?

2017.07.22 | Category: DRT整体の効果

● なぜ背骨ゆらゆらだけで、重症患者に沢山の結果が出るのか?

こんにちは^^ 

背骨を刺激しながら気持ち良く揺する・・・たったこれだけで、様々な重症症状が改善へと向かう。。

とても不思議ですね。

それには理由があります。

体に出ている症状は、往々にして脳の誤作動が原因です。

背骨から刺激して脳に気持ちいいと感じさせることで、脳の誤作動が解除され、脳が正常に機能し始めるんですね。

脳から脊髄への神経系統が正常化され、脊髄から伸びる神経が正しい命令を内臓や筋肉に伝えるとしたら・・・

当然、症状は消えてしまう訳です。

人体の仕組みにアプローチするDRT整体。

その圧倒的な結果が、DRT整体の効果を証明していますね^^

タオル1枚で、ひどい生理痛が消失し、薬も手放せて熟睡できました!

2017.07.22 | Category: 簡単セルフケア法

● タオル1枚で、ひどい生理痛が消失し、薬も手放せて熟睡できました!

こんにちは^^ 

Sさんという方から、こんな相談を受けたことがあります・・・

私、ここ一年程前から、どうやら閉経が近づいている様な状態に在ります。

それで、生理直前から生理中の2~3日目迄、下腹部がかなり痛みます。

余りに酷い時は、市販の生理時専用!?の鎮痛剤のお世話になるのですが、出来ればそれは避けたいと思って居ります。

で、ぼくは、こんな指摘とアドバイスをさせていただきました・・・

おそらく骨盤の左側が下がりバランスが悪くなっているのが原因だと思います。 

緩和するには、下腹部と背中側(ベルトのライン)の両方に、蒸しタオルをするといいですね。^^

Sさんのご返信です・・・

早速のご指導、本当にありがとうございます。

仰る通り、私の骨盤は左側に傾いて居ります。

と申しますのは、かつて8年半程の期間、左側の肩や腰にかなりの負担が架かる仕事に就いて居りまして、それが原因で鏡の前に立った際、左側の肩と腰の位置が右側よりも下がってしまった事に気づきました。

けれど、まさか左側に傾いた骨盤が原因で、様々な支障、それも生理までが関係しているとは、全く知りませんでした。

早速、蒸しタオルを実践してみたSさんは・・・

池口 公治さま。。。

おはようございます。

昨日は、質問させて頂いたまま途中で失礼してしまい、申し訳ありませんでした。

昨日は、あれから生理が始まりまして、取り敢えずいつもの鎮痛剤を用意し、覚悟をしたのですが・・・

池口さま、本当にありがとうございます。

出血量も初日とは思えない量(多)でしたが、痛みは信じられない位感じる事がなく、何年ぶりかで生理初日に爆睡させて頂く事が出来ました。

これには主人も驚きまして、『俺の便秘にもイイかな?』と、興味津々で出勤して行きました。

そして今、私の下腹部には蒸しタオルが乗っています(^^)v!

何だか不思議な様にも頷ける様にも思えますが、我が家の日常は「蒸しタオル」で大きく変わりそうな予感がして居ります。

池口公治さま、本当にありがとうございますm(__)m。

これからも末長く宜しくお願い申し上げます。

~院長より~

この様に、お金や時間をかけたり、施術を何回も受けなくても、タオル1枚で楽になるケースもあるのです。

ただ、左骨盤の下がりというのは、整体で改善するに越したことはありませんね^^

一応、蒸しタオルのやり方を書いておきますね・・・

・できるだけ熱いお湯で分厚目のタオルを絞り、蒸しタオルを作る
・痛い処や関連ポイントに蒸しタオルを冷め切るまで当てる
・これを3〜4回繰り返す

* 但し、温熱刺激なので入浴の前後3時間はしない様にする

とてもカンタンですよね^^

否定的観念が痛みを作るとしたら…

2017.07.21 | Category: 整体の話

● 否定的観念が痛みを作るとしたら…

こんにちは^^ 

ぼくは以前にフェイスブックで、「蒸しタオル法」というグループを運営していたことがあります。

ある日、グループで何気なく書いた投稿がたくさんシェアされ、多くのコメントを頂き、その反響の大きさに驚きました(笑)

以下、その投稿です・・・

● 否定的観念が痛みを作る

蒸しタオル法は、人体の痛みに対して有効な効果を発揮することが多いのですが、今日はもっと根本的な原因について触れたいと思います。

長年、多くの人の痛みを観察してきて気づいた、とても腑に落ちる共通項が一つだけあります・・・

それは、痛みを訴える人の多くが、表面的あるいは潜在的に否定的観念を強固に持っていることです。

そのことに神の意志というか、何か大きな力の存在を感じるというのが、ぼくの個人的見解ですが、この点については人それぞれ解釈の仕方があるかと思います。

具体的な例でいいますと、「誰かを許せない」という強い感情・・・これはもう、確実に体を蝕んでしまいますね。

どうも我々の意識構造と人体構造の仕組みは、その様に出来ているらしいのです。

痛みで悩んでおられる方のために参考までに書いてみましたが、自己を内省してみるのも、肯定的観念へのシフトに役立つかも知れませんね^^

~院長より~

体の不調や痛みというのは、根本的原因に遡ると、とてもシンプルな事からスタートしているのかも知れませんね。

どうも地球や宇宙のリズムというのは、本来が肯定的観念である様です。

そして、地球や宇宙のリズムと合っている人の共通項は、常に口から出てくる言葉が、

「うれしい、楽しい、幸せ、愛してる、大好き、ありがとう、ツイてる」などの肯定的な言葉であることが多いみたいです。

そう考えると、普段から何気なく使っている言葉が、健康にも人生にも大きな影響力を持って作用することになりますね^^

解毒できる体ってどんな体だと思いますか?

2017.07.21 | Category: 整体の話

● 解毒できる体ってどんな体だと思いますか?

こんにちは^^ 

解毒できない体よりは解毒できる体の方が良いに決まっています^^

尿や排便、汗など体の解毒機能が低下すれば、体調不良はもとより、ガンや成人病などの大きな病気にかかりやすいからです。

タイトルの答えは、ズバリ、血液やリンパ液などの体液がスムースに流れやすい体であるということです。

体液がスムースに流れやすい体であるためには、筋肉や関節、骨や内臓に充分な弾力性がある=つまり緩んだ体であることがとても重要になります。

緩んだ体とは、柔らかく温かい体のことです。

反対に硬直した体は、固く冷えています。

体が緩んでいるほど、体内に取り込んだ毒素を分解・排泄する機能=つまり解毒機能が高いといえます。

では、どうしたら緩んだ体になれるのでしょうか?

それは、体の歪みを正すことです。

体が歪んでいると、血液やリンパ液などの体液が流れにくく、毒の溜まりやすい体となるからです。

DRTで背骨や頚椎、骨盤など体の歪みを正してゆくと、体液が流れやすい自然治癒力の高い体となります。

自然治癒力が高ければ高いほど解毒もうまくいくんですね。

本来は誰の体にもこの自然治癒力が備わっていますが、体の歪みが大きいほど自然治癒力がうまく働かないので、人によってこの働きに差が出てくる訳です。

歪みの無い自然治癒力の高い体を手に入れて、健康で楽しい人生を歩みたいものですね^^

アクセス情報

所在地

〒376-0042
群馬県桐生市堤町3丁目4-9 モナベイルE号室
【お車でお越しの方】
JR桐生駅方面から国道3号線を直進、堤町3丁目の交差点を過ぎてすぐ、
『アンカー』の赤い看板を左折すると当院です

駐車場

2台あり
10番と11番をご利用ください

休診日

不定休

予約について

当院は完全予約制です。ご予約はお電話でお願い致します。