- Blog記事一覧

Blog記事一覧

捻挫したとき・・・冷やしてもムダなんです。最も肝心なこととは?

2017.07.25 | Category: 整体の話

● 捻挫したとき・・・冷やしてもムダなんです。最も肝心なこととは?

こんにちは^^ 

ぼくは生まれてから一度も捻挫をしたことがありませんが、足首というところは捻挫しやすい箇所の様ですね…

21世紀になっても、捻挫した時に一番多い処置は冷やすことなんですね。

ところがこの冷やすという処置は、最も回復を遅らせることになるのです。

ぼくも過去に、ずいぶんと捻挫した後に冷やす処置をした人の足首を観察しました・・・
たいていが関節が不十分にハマっています。

この状態だと、足首が忘れた頃に痛むということを繰り返しますし、腰痛を併発していることも多いです。

足首を捻挫して炎症で腫れ上がったり筋肉が硬直するのは、関節の不具合を保護するための天然ギブスなんですね。

だから、このギブスのまま冷やしてしまうと関節の状態が不十分のまま固定してしまう訳で、後々の不調につながり易いんです。

こういう時に役立つのが蒸しタオルで処置することです・・・炎症の経過を早め、筋肉の硬直を速やかに和らげてくれます。

これは原理としては、熱いから効くのではなく、冷めるから温度差が刺激となって効くのです。

しかしこれは、あくまで補助的な方法なので、もっとも肝心なことはやはり関節を元に戻すことなんです。

足首の関節はアキレス腱を引っ張ったまま足の甲をつま先側に持っていくと一瞬外れるようになっています。 このとき足首と体幹との角度が重要になります。

一瞬でもきれいに外れると、きれいに元の位置に戻ります。

できるだけ早期にこの処置をすれば綺麗に戻るのですが、時間が経つほどに戻りにくくなります。

昔、海外で年末年始を過ごしている友人から連絡があり、別の国に住んでいる娘さんが足首を捻挫したとのこと。。

それで救急車が来たが、やっぱり冷やされるんですね…

それでは痛いので連絡をもらい、蒸しタオル法を勧めたわけですが、海外の常識もやはり冷やすのです。

海外の救急隊員も捻挫に関してはむしろ逆効果の処置をしている・・・それは心肺蘇生法についても同じです。

一般に行われている心肺蘇生法は、非常に蘇生率の低い方法なんですね。。

先生!! この体操、 凄いですよ!!

2017.07.25 | Category: 簡単セルフケア法

● 先生!! この体操、 凄いですよ!!

こんにちは^^ 

以前にフェイスブックで運営していたグループで、

【肺を強化し背骨を緩める体操】というのを勧めてみました・・・

1. 仰向けになって肘を伸ばしたままゆっくりと両手を引き上げていきます。

2. 両足は腰幅くらいに広げてアキレス腱を伸ばします。

3. 両手両足を限界まで伸ばして、瞬間的にポンッと力を抜きます。

すると、その日のうちに、立て続けにこんなご感想をいただきました・・・

先生!! この体操、凄いですよ!!

朝、この体操してちょっとしてから起きたら、膝関節、臀部からの痺れがない!

横になってても痺れすぎて痛かったのが、嘘みたいに痛みがないのですよ!

昨日腰痛ブロック注射しても痛かったんだけどなぁ。。

息子と夜、朝の日課としてやっていきます。

ヘルニアからの坐骨神経痛が辛すぎて仰向けになるのも痛かったんですが、できましたよ!

先生!! びっくりです!!

さっき体操を3回ほどしただけなのに、顎関節症で噛み締めぐせもあるのですが、噛み締めてない((o(*>ω<*)o)) 走っても、呼吸はものすごく楽でした! 話しながら走るのはキツいのですが、楽々クリアです。

素晴らしい~。

先生は一体何者なのでしょうか?(笑)

~院長より~

こういう効果が即出るのは、正確な人体力学に基づいているからなんです^^

めまいの原因は、肩甲骨に関連していることが多い。

2017.07.25 | Category: 整体の話

● めまいの原因は、肩甲骨に関連していることが多い。

こんにちは^^ 

めまいについてお話したいと思います。(※ 脳に問題がある場合と、メニエル病の場合は除きます)

めまいで目が回るという人がいますが、みてみるとたいてい肩甲骨が開いていますね。

肩甲骨の真ん中には、体温調整や平衡感覚(耳)と深く関わっているポイントがあるのです。

そのポイントとなる骨こそが、左右の肩甲骨が開かないように中心に引き寄せています。

呼吸器(肺)の疲れ等でで左右の肩甲骨が開いてくると、肩甲骨の真ん中に力が集まらなくなります。

それで平衡感覚を保てなくなり、めまいをおこします。

朝夕と日中の気温の寒暖差が大きい秋頃などは、特にめまいをおこしやすいですね。

年中めまいを感じている様な人は、だいぶ体が悪いといえます。

体温調整の難しいからだは、同時にめまいをおこしやすい訳です。

また、食べ過ぎによってめまいをおこしている人が多いことも見逃せないですね。

つまり、食べ過ぎないことと肩甲骨を締めることが大切になってきます。

まずはDRTで、背骨と骨盤の歪みを改善する必要がありますね^^

腰痛は温めるのがいいのか?冷やすのがいいのか?

2017.07.25 | Category: 簡単セルフケア法

● 腰痛は温めるのがいいのか?冷やすのがいいのか?

こんにちは^^ 

最先端の研究によると、腰痛に対して「温める」も「冷やす」もどちらも根拠の無いやり方で、実際に効果もないそうです。

市販の温湿布も冷湿布も意味がないということですね。

ぼくも、何年も前からどちらも効果がないと思っていました。。

ただ、最先端の研究も見落としている点が一点あります・・・温度差をからだ(腰部)に刺激として与えることです。

その具体的な方法をこちらに詳しく書きました。^^

赤ちゃんが発熱したとき、あなたならどうしますか?

2017.07.24 | Category: 簡単セルフケア法

● 赤ちゃんが発熱したとき、あなたならどうしますか?

こんにちは^^ 

赤ちゃんが発熱したとき、よくやるのは・・・

・氷で冷やす
・解熱剤で熱を下げる

実はこれほどナンセンスなことはありません。

知恵熱と言って、脳細胞が急速に死と誕生を繰り返しているため、発熱によってそれを促そうとしているのです。

赤ちゃんといえども、やはり発熱は必要で、解熱剤を飲ませたりすると返って体に毒を溜め込むだけです。

そればかりか、新しい脳細胞の誕生を邪魔することになり、健全な脳の発育を妨げてしまいます。

そうやって押さえ込んだ毒は、成長につれて色々な形で出てきます。

よく冷やしますが、それは川の流れに逆らって泳ぐ様なもので、発熱を無視した行為です。

では、どうすれば良いのか?・・・

ぬるめの蒸しタオルを後頭部に置いて寝かしてあげると、発熱を何倍も早く経過させることができます。(これを3~4回繰り返します)

ちなみにウチの赤ちゃんは、7ヶ月目に初めて発熱しましたが、この方法で楽々と経過しました。

これは、延髄にある体温中枢を刺激しているのです。

出すだけ出せば熱は下がりますし、それだけ早く楽になります。

目先の現象にとらわれず、赤ちゃんの未来まで考えて処置してあげないといけませんね。

あくまで経過させることが大切です^^

アクセス情報

所在地

〒376-0042
桐生市堤町3-4-9 モナベイルE号室
【お車でお越しの方】
JR桐生駅方面から国道3号線を直進、堤町3丁目の交差点を過ぎてすぐ、
『保険の窓口』の赤い看板を左折すると当院です

駐車場

2台あり
10番と11番をご利用ください

休診日

不定休

予約について

当院は完全予約制です。ご予約はお電話でお願い致します。